コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アグラオネマ Aglaonema

3件 の用語解説(アグラオネマの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

アグラオネマ【Aglaonema】

サトイモ科アグラオネマ属の常緑多年草。観葉植物。主に東南アジアに30種ほどが分布。茎が直立するものと地をはうものがあり、葉は長い楕円形。ディフェンバキアに似るが、より小型。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アグラオネマ【Aglaonema】

熱帯アジアに約30種が分布するサトイモ科の常緑の多年草ディッフェンバキアによく似るが,より小型なので外観でも区別できるが,仏焰苞(ぶつえんほう)の中央にくびれがなく,完全な雌雄異花で,子房1室など花房の形態が異なる。観葉植物として温室で栽培されるものが数種ある。アグラオネマ・コンムターツムA.commutatum Schott.は茎が直立し,葉は長形の光沢ある濃緑色。変異が多く,葉が長く細く,黄白色の斑(ふ)が密に入るプセウドブラクテアーツムcv.Pseudobracteatum,さらに葉が細いトレウビイcv.Treubiiなどが観葉鉢物として栽培される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アグラオネマ
あぐらおねま
[学]Aglaonema

サトイモ科の多年草。おもに東南アジアに産する。丈の低い種類が多いが、1メートルになる種類もあり、新しい葉が出るごとに茎が少しずつ伸びる。葉柄の長い楕円(だえん)状の葉がつき、このうち模様の美しいもの10種以上が観葉植物として栽培される。代表的なものは、株元から直接葉が出る種類ではセスジグサ、また茎の先で葉が広がる種類では、灰緑色のロベリニィ、黄緑色のプセウド・ブラクテアタム、美しいシルバー・クイン、ビロード状のピクタム、チャイニーズ・エバーグリーンの名でよばれるリョクチク(緑竹)などである。寒さに弱く冬季は15℃以上に保つ必要がある。繁殖は挿木と株分けによる。[坂梨一郎]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アグラオネマの関連キーワードディフェンバキア里芋ココヤシアルムマムシグサオーチュウ(烏秋)コンロンカ(崑崙花)ハスイモ(蓮芋)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone