コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アサギリソウ あさぎりそう

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アサギリソウ
あさぎりそう / 朝霧草
[学]Artemisia schmidtiana Maxim.

キク科の多年草。ヨモギの仲間で、全草が銀白色の絹毛で密に覆われている。和名はこれを朝霧に例えたもの。茎は高さ30センチメートル程度、上部は分枝して花序となる。葉は2回羽状に全裂。裂片の幅は細く1ミリメートルほど。7~9月、径5ミリメートルほどの頭花を開く。頭花は多数の小花からなる。山地や海岸の岩場に生え、本州中部以北の日本海沿岸、北海道、南千島、樺太(からふと)(サハリン)に分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアサギリソウの言及

【ヨモギ(艾∥蓬)】より

…カワラヨモギとともに,頭花中央部の筒状花は不稔である。 アサギリソウA.schmidtiana Maxim.(イラスト)は高山や北地の岩場に生える亜低木である。全草が白色の絹毛によって覆われていて美しいので,観葉植物として栽培されている。…

※「アサギリソウ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アサギリソウの関連キーワード白山蓬

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android