アザドカシミール准州(読み)アザドカシミール(英語表記)Azad Kashmir

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アザドカシミール〔准州〕
アザドカシミール
Azad Kashmir

パキスタン北東部の准州。行政庁所在地はムザファラバードカシミール地域の北西部に位置し,北部はヒマラヤ山麓を形づくっている。東にインド領ジャンム・カシミール州,南方はパキスタン領のパンジャブ州,西はカイバル・パクトゥンクワ州に接する。カシミールはパキスタンとインドが帰属をめぐって争いを続けてきた(→カシミール紛争)。インドは 1947年の第1次印パ戦争後,その管理地をジャンム・カシミール州として連邦に編入したが,パキスタンはその帰属を住民投票で決めるべきとする国際連合の勧告にそって,管理地域をアザド(自由)カシミール准州という独自の政体にし,連邦へは編入しなかった。オオムギ,コムギ,トウモロコシなどが栽培され,酪農,林業が行なわれる。大理石,ボーキサイトなども埋蔵。2005年のパキスタン地震では,ムザファラバードを中心に大きな被害を受けた。面積 1680km2。人口約 160万。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android