コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスカニエル家(読み)アスカニエルけ(英語表記)Askanier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスカニエル家
アスカニエルけ
Askanier

東部ハルツに興ったドイツの家門。 1100年頃アスカニエル伯を名のり,ザクセンに広大な領土を獲得。アルブレヒト (熊伯) のときブランデンブルクを征服,その辺境伯となり,ドイツ人を移住させてブランデンブルク辺境伯領の基礎を築いた。その子ベルンハルトは,80年ザクセン部族公ハインリヒが皇帝フリードリヒ1世と争って公位を追われたとき,その領土を継いでザクセン公となった。ブランデンブルク辺境伯の家系は 1319年に断絶,ザクセン公の家系はベルンハルトの孫の代に2系に分かれ,その主流ザクセン=ウィッテンベルク家は金印勅書選帝侯の位を与えられたが,1423年に断絶した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android