コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスカニエル家 アスカニエルけAskanier

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アスカニエル家
アスカニエルけ
Askanier

東部ハルツに興ったドイツの家門。 1100年頃アスカニエル伯を名のり,ザクセンに広大な領土を獲得。アルブレヒト (熊伯) のときブランデンブルクを征服,その辺境伯となり,ドイツ人を移住させてブランデンブルク辺境伯領の基礎を築いた。その子ベルンハルトは,80年ザクセン部族公ハインリヒが皇帝フリードリヒ1世と争って公位を追われたとき,その領土を継いでザクセン公となった。ブランデンブルク辺境伯の家系は 1319年に断絶,ザクセン公の家系はベルンハルトの孫の代に2系に分かれ,その主流ザクセン=ウィッテンベルク家は金印勅書選帝侯の位を与えられたが,1423年に断絶した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アスカニエル家の関連キーワードアルブレヒト[ブランデンブルク]シュテンダールアンハルト家ビルンク家ベルリン

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android