コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アスカロン アスカロン Ascalon

2件 の用語解説(アスカロンの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

アスカロン(Ascalon)

イスラエル中西部の都市アシュケロンの東郊にある古代都市の遺跡。その起源は紀元前2000年頃にさかのぼり、ヘロデ王の生地とされる。古くから港として重要視され、エジプト、アッシリア、バビロニアなどの攻撃を受け、13世紀にアラブ人によって破壊された。現在は国立公園に指定されている。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アスカロン
あすかろん
AscalonAskalon

イスラエルのテル・アビブ南南西約50キロメートルパレスチナ地中海沿岸にある古代都市遺跡。現在の都市アシュケロンAshqelonは遺跡の東北東2キロメートルにあり、1948年以降イスラエル領。起源は紀元前2000年にさかのぼり、前19世紀のエジプトの記録に初めて現れ、当時はカナーン人(アモリ人フィリスティア人フェニキア人などの総称)の居住地であった。前14世紀のアマルナ文書にもみえる。前1220年ごろエジプトのラムセス2世に占領されたが、絶えず反乱した。その当時はフィリスティア(ペリシテ)人のペンタポリス(五都市)の一つとして有名であったが、エジプト、アッシリア、バビロニアの侵入を受けることが多く、前332年にはアレクサンドロス大王にも占領された。ユダヤのヘロデ大王の出生地とされているが、彼はこの地に壮大な建造物を営み、最近その一部が発掘された。後7世紀にアラブに占領され、十字軍時代にも戦場となった。エーゲ文明の影響を受けたフィリスティア土器が多数出土し、注目されている。[糸賀昌昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アスカロンの関連キーワードヤッファシュバーベンテルアビブヤッファ東郊イスラエルロビーイニシュフリー島クヤババハウッディン廟イスラエル交響曲イスラエル室内管弦楽団

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アスカロンの関連情報