アスパルテーム(英語表記)aspartame

翻訳|aspartame

百科事典マイペディアの解説

アスパルテーム

人工甘味料の一種。2種の天然アミノ酸,L-アスパラギン酸とL-フェニルアラニンとを化学的に結合させたもので,ショ糖の約200倍の甘さをもつ。
→関連項目合成甘味料

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

アスパルテーム

 C14H18N2O5 (mw294.31).

 α-L-アスパルチルフェニルアラニンメチルエステルのこと.人工甘味料として広く用いられている.ショ糖の200倍の甘味を示す.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

アスパルテーム【aspartame】

アスパラギン酸とフェニルアラニンとを結合してつくった合成甘味料。砂糖の200倍の甘さがある。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のアスパルテームの言及

【甘味料】より

…(2)アミノ酸類 グリシンなど一部のアミノ酸は甘い。アミノ酸が3個つながったアスパルテームというペプチドがひじょうに甘いが,合成甘味料に属する。(3)糖アルコール 糖のアルデヒド基がアルコール基となったもので,マルチトール,ソルビットなどがよく用いられる。…

【合成甘味料】より

…化学構造と甘味との関係は古くから研究されているが,アルデヒド基-CHO,オキシム基-CH=NOH,ハロゲン基,アミノ基-NH2,スルホ基-SO3H,トリアジン核,スルホアミノ基-SO2NH2,水酸基-OHをもった化合物がおおむね甘味が強い。しかし,現在までに開発された合成甘味料はサッカリン,ズルチン,チクロ(サイクラミン酸ナトリウム),アスパルテームなど数少ない。さらに,ズルチンとチクロはその安全性に疑いが生じ,それぞれ1968年,69年に日本では使用が禁止されている。…

※「アスパルテーム」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

フェロー

イギリスではこの呼称は主として次の3つの場合をさす。 (1) 大学の特別研究員 研究費を与えられ,多くは教授,講師を兼ねる。 (2) 大学の評議員 卒業生から選ばれる。 (3) 学術団体の特別会員 普...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アスパルテームの関連情報