合成甘味料(読み)ごうせいかんみりょう

百科事典マイペディアの解説

合成甘味料【ごうせいかんみりょう】

化学的に合成された甘味料ソルビットサッカリンチクロズルチンアスパルテームなどがある。ショ糖に比べ甘味が強いため,清涼飲料,加工食品などに広く利用され,また糖分や栄養価が少ないため糖尿病や肥満症などの病人食や美容食にも使用されていたが,多量摂取による有害性が問題とされ,現在ズルチンおよびチクロの使用は禁止されている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

栄養・生化学辞典の解説

合成甘味料

 化学的に合成された甘味料.サッカリン,アスパルテーム,グリチルリチン酸二ナトリウムなど.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごうせいかんみりょう【合成甘味料 synthetic sweetner】

化学的に合成された甘味をもつ化合物のことで,人工甘味料ともいう。化学構造と甘味との関係は古くから研究されているが,アルデヒド基-CHO,オキシム基-CH=NOH,ハロゲン基,アミノ基-NH2,スルホ基-SO3H,トリアジン核,スルホアミノ基-SO2NH2水酸基-OHをもった化合物がおおむね甘味が強い。しかし,現在までに開発された合成甘味料はサッカリン,ズルチン,チクロ(サイクラミン酸ナトリウム),アスパルテームなど数少ない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android