アセンション島(読み)アセンションとう(英語表記)Ascension Island

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アセンション島」の解説

アセンション島
アセンションとう
Ascension Island

大西洋にあるイギリス領の火山起源の島。リベリア南南西約 1600km,南緯7°57′,西経 14°22′に位置。 1501年のキリスト昇天祭の日に,スペインの航海者が到達したことが島名の由来。 1815年からイギリス領。南東貿易風のため気候は快適。最高点はグリーン山 (859m) 。ウミガメと海の美しさは有名。蒸気船時代にはアメリカ大陸とヨーロッパを結ぶ船の石炭補給地として,ジョージタウンが大きな役割を果し,今日でも国際海底電線の中継地,レーダ基地,電波中継基地として重要。アメリカ軍,イギリス軍の基地がある。行政的には南東方のイギリス植民地セントヘレナに含まれる。面積 88km2人口 1007 (1988) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「アセンション島」の解説

アセンション島
あせんしょんとう
Ascension Island

アフリカ西方の南大西洋中部にあるイギリス領の火山島セント・ヘレナ島の北西1100キロメートルにある。面積88平方キロメートル、人口約1200(1976)。東部に標高859メートルのグリーンマウンテン火山がそびえる。1501年ポルトガル人J・N・カスティラが発見したが、1815年イギリス軍が島の北西部海岸ジョージタウンに駐留するまで無人島であった。ヨーロッパ、北アメリカ、アフリカ、南アメリカをつなぐケーブル基地が置かれ、現在はアメリカ軍のミサイル基地となっている。

[林 晃史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android