コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アタリ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アタリ

日本音楽の用語。「当り」「あたり」とも書く。声楽の技巧または旋律型名称。種目,流派によって違いがある。 (1) 声明 天台声明においては,突当るように後打音を上げてもとに戻すことだが,他の技巧と合成されて用いられることもある。真言の南山進流においては,産み字を瞬間的に切ったような感じに歌うこと。 (2) 謡曲 観世流では音尾に修飾的な下降を伴うこと (ただし,ツヨ吟では上行する) 。譜本の「ア」はアタリと呼ぶが現在は用いられない。宝生流では呼吸の短い中断。金春流では,「落チ」または「下ゲ」を送るときの技巧。 (3) 地歌 産み字を突当るように歌うこと。下降旋律に多く,4度程度後打音的に上げて戻す。津山検校の時代に始るという。 (4) 山田流箏曲 グロッタルトリルのような技巧。 (5) 長唄その他の三味線音楽 歌詞の1音節ごとに1つの音符をあてて歌うこと。また,唄の拍と伴奏の三味線の拍とをずらさずに一致させて歌うこと。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

アタリ(Atari)

インド北部、パンジャブ州の町。アムリツァルの西約25キロメートル、パキスタンとの国境に位置する。毎夕、国境閉鎖の儀式が行われることで知られ、多くの観光客が訪れる。アターリー。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアタリの言及

【代分け】より

…したがってその歴史は古い。代という言葉は,東北から紀伊の太平洋岸で多く使われているが,その同義語には能登などの日本海岸や四国で使用されている歩(ぶ),九州以南で使用されているタマス,ほかにアタリ,メーテなどがある。 各地の漁村で行われる代分けには,漁業組織,漁労実態,漁民の生態を反映してさまざまの形態がみられる。…

※「アタリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アタリの関連キーワードコンピューター・ゲームヨーロッパ復興開発銀行ジーン シュウォーツコンピュータ・ゲーム同音語のアクセントジャック アタリブラッド・フラーマントノン夫人アラン ケイアレッポ地震ノーベリウムサカタのタネスーサイド11月1日紀州へら竿ミャク釣りアタリーVALSシチョウ公益質屋

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アタリの関連情報