アダピス(読み)あだぴす

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アダピス
あだぴす
Adapis

新生代第三紀始新世(約5400万年前から3700万年前)に属する化石霊長類の1科。食虫類と霊長類の接点にあるプレシアダピスと異なり、眼窩輪(がんかりん)が形成されている。現生のキツネザルと同系のものとみられているが、下顎(かがく)の切歯、犬歯は前傾せずキツネザルのような櫛歯(しっし)になっていない。体はハツカネズミからネコの大きさまでさまざまである。眼窩が比較的小さく、鼓室輪が耳胞内にある点はキツネザルに似る。前後肢の母指は他の指から離れ、開いている。ヨーロッパと北アメリカから多数出土している。例外はあるが、前者出土のものをアダピス亜科、後者出土のものをノタルクトゥス亜科として2大別できる。アダピスとは「アピス(エジプトの聖牛)となるべきもの」の意。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアダピスの言及

【化石霊長類】より

…この時代は原猿類の適応放散期ともいえ,種類も豊富になる。現在知られているものとして,キツネザル類の系統とみられるアダピス類Adapisやノタルクトゥス類Notharctus,メガネザルの系統のアナプトモルフス類Anaptomorphidae,それに類人猿の祖先とも考えられるミャンマー出土のポンダウンギアPondaungiaとアムフィピテクスAmphipithecusなどがある。アダピス科ではヨーロッパ出土のアダピス亜科と北アメリカ出土のノタルクトゥス亜科などが有名である。…

※「アダピス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android