コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

伊豆長岡 いずながおか

2件 の用語解説(伊豆長岡の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

伊豆長岡
いずながおか

静岡県東部,伊豆の国市西部の旧町域。伊豆半島北部の狩野川西岸にある。 1934年町制。 1954年江間村を編入。 2005年韮山町,大仁町と合体して伊豆の国市となった。葛城山 (452m) をはじめ,石英安山岩からなる険しい山地と凝灰岩からなる丘陵に囲まれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

伊豆長岡
いずながおか

静岡県東部、田方(たがた)郡にあった旧町名(伊豆長岡町(ちょう))。現在は伊豆の国市西部を占める一地区。観光と温泉の盛んな地域で、狩野(かの)川中流左岸にある。旧伊豆長岡町は、1934年(昭和9)町制施行。1954年(昭和29)江間(えま)村を編入。2005年(平成17)韮山(にらやま)町、大仁(おおひと)町と合併、市制施行して伊豆の国市となる。伊豆箱根鉄道、国道136号バイパス、同414号、伊豆中央道が通じる。気候は温暖。南北西三方を山で囲まれ、凝灰岩質の急傾斜地にミカン、カキの樹園が点在。中央を南北に丘陵地が走り、東端を狩野川が北に流れる。1958年の狩野川台風は大被害をもたらしたが、墹之上(ままのうえ)から江浦(えのうら)湾(沼津市)に出る狩野川放水路が1965年に完成。狩野川流域は肥沃(ひよく)で水田地帯をなし、園芸、花卉(かき)、果樹栽培が盛んである。最近ではイチゴ狩りやミカン狩りなどの観光農業も盛んで、伊豆長岡温泉もあり、田園観光都市を目ざしている。南江間に1930年(昭和5)北伊豆地震の記念物である「地震動の擦痕(さっこん)」(国指定天然記念物)がある。また、北江間横穴群から発見された若舎人(わかとねり)の石櫃(せきひつ)は国の重要文化財。そのほか、散歩によい源氏山(げんじやま)公園や、北条時頼(ときより)の墓、源三位頼政(げんざんみよりまさ)の愛妾(あいしょう)菖蒲前(あやめのまえ)が草庵(そうあん)を結んだ弥勒(みろく)堂などがある。1月28日のヌエ払(はらい)祭、7月初めの源氏あやめ祭は有名。葛城(かつらぎ)山の山頂までロープウェーが通じ、眺望に優れる。[川崎文昭]
『『伊豆長岡町史』全3巻(1996~2005・伊豆長岡町)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

伊豆長岡の関連情報