コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッソス Assos/Άσσος

デジタル大辞泉の解説

アッソス(Assos/Άσσος)

古代ギリシャ時代、小アジアにあった都市。現在のトルコ西部の村ベフラムカレの近郊に位置する。紀元前4世紀頃、学術都市として隆盛し、アリストテレスが3年ほど滞在したほか、同地出身のストア学派の哲学者クレアンテスゼノンを継いで学頭になった。現在も、円形劇場、アゴラアテナ神殿などの遺跡がある。アソス

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

アッソスの関連キーワードローベルト・J. コルデヴァイヘルミアス

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android