コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アッバース・エクバール ‘Abbās Eqbāl

1件 の用語解説(アッバース・エクバールの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アッバース・エクバール【‘Abbās Eqbāl】

1896‐1955
近代イランの歴史家,文学者。テヘランのバーザール職人の子に生まれ,大工仕事をしながら町の寺子屋(マクタブ)に通った。その後も苦学を続け最高学府ダーロル・フォヌーンを卒業した。このような生い立ちは彼の歴史学を民衆性豊かなものにした。1925年,ソルボンヌに留学。帰朝後,テヘラン大学教授に就任し,雑誌《ヤードガール》の編集,重要ペルシア語文献の校訂,代表作《モンゴル史》等の出版に携わった。ローマで客死。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アッバース・エクバールの関連キーワードフーコーホイジンガミシュレランケイブンハルドゥーンイランイラン史家フュステルドクーランジュ歴史家石炭の歴史村

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone