アッバース・エクバール(英語表記)‘Abbās Eqbāl

世界大百科事典 第2版の解説

アッバース・エクバール【‘Abbās Eqbāl】

1896‐1955
近代イランの歴史家,文学者。テヘランのバーザール職人の子に生まれ,大工仕事をしながら町の寺子屋(マクタブ)に通った。その後も苦学を続け最高学府ダーロル・フォヌーンを卒業した。このような生い立ちは彼の歴史学を民衆性豊かなものにした。1925年,ソルボンヌに留学。帰朝後,テヘラン大学教授に就任し,雑誌《ヤードガール》の編集,重要ペルシア語文献の校訂,代表作《モンゴル史》等の出版に携わった。ローマで客死。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android