アップストリーム(英語表記)up-stream

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

上流部門ともいう。石油産業を川の流れにたとえたことに由来する。石油産業の産油,輸送,精製,販売の4段階のうち,産油部門 (探鉱,開発,生産) をいう。探鉱,開発に巨額の資金を必要とし,経営上のリスクも高いが,成功すれば利潤も大きく,今日世界的石油企業となっている会社の中には上流部門で成功したのち一貫操業会社に成長した企業が多い。しかし 1970年代に産油国による上流部門への資本参加,国有化が進んだため,従来の一貫操業による国際石油資本は支配力を鈍化させた。また,開発途上国における石油探鉱,開発の目的も利潤追求より供給力拡大,供給確保に重点が移されてきている。 (→ダウンストリーム )

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

核燃料の準備工程。鉱石採掘から原子炉で燃やすまでの段階。⇔ダウンストリーム
通信回線における上流方向。またはその伝送路のこと。インターネットなどのコンピューターネットワークの場合、通信事業者の基地局やバックボーンを、宇宙通信の場合は通信衛星を上流とする。⇔ダウンストリーム
米国国家安全保障局(NSA)が行っているとされる、インターネットの基幹通信網の傍受システムの通称。世界各国で送受信されるデータ通信の約8割が集中する利点を活かし、主に北米西海岸・東海岸の海底に敷設された光ファイバーケーブルから直接情報を収集・分析する。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ASMR

聴覚や視覚などへの刺激によって、心地よさやゾクゾクするような快感が引き起こされる現象のこと。「Autonomous Sensory Meridian Response(自律感覚の絶頂反応)」の略で、定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android