コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトニー 〈ドイツ〉Atonie

デジタル大辞泉の解説

アトニー(〈ドイツ〉Atonie)

筋肉などの緊張力が弱まったり消失したりすること。緊張減退症。「アトニー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

アトニー【Atonie】

収縮性器官の組織(筋)がゆるむこと。無力症。 「胃-」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトニー
あとにー
atony

一般に筋肉組織の緊張が減弱または消失した状態を総称する。したがって、緊張減退症あるいは弛緩(しかん)症ともよばれる。緊張と弛緩とがバランスをとり、一定の状態が保たれているものの代表が筋肉である。骨格筋の場合にも、また内臓、とくに胃、腸管などの消化管に存在する内臓筋の場合にも、この語が使用される。胃壁の緊張が低下している状態をよぶ胃アトニー症は、胃下垂と関連して臨床的によく用いられることばである。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アトニーの関連キーワードJ. ホッホバーク胃アトニー/胃下垂胃アトニー・胃下垂副交感神経興奮薬オケラ(キク科)半夏白朮天麻湯カラスビシャク胃の形態異常ホミカエキスカルダモン胃アトニー胃もたれ感桂枝人参湯トウガラシ食道神経症大建中湯胃腸薬茯苓飲平胃散無酸症

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android