コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトラト川 アトラトがわRío Atrato

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトラト川
アトラトがわ
Río Atrato

コロンビア北西部を流れる川。アンデスの西部山脈西斜面に源を発し,山脈を流下したのち,曲流しながらほぼ北流してカリブ海のウラバ湾に注ぐ。全長約 670kmであるが,熱帯雨林の繁茂する多雨地域を流れるため,流量がきわめて大きく,毎秒 5000m3に達する。これに伴って大量の土砂が運ばれるため,河口三角州が急速に発達している。河口から上流沿岸のキブドまで航行可能。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトラト川
あとらとがわ
Ro Atrato

南アメリカ大陸の北西端、コロンビア西部の低い海岸山脈とコルディエラ・オクシデンタル山脈との間の低地を北流し、カリブ海側のウラバー湾(ダリエン湾最奥部)に注ぐ川。長さ約700キロメートル、流域面積3万5000平方キロメートル。流域は世界有数の多雨地域で、熱帯雨林に覆われている。沿岸最大の都市キブドの年降水量は7140ミリメートルもあり、このため一年中水量が豊富で、可航区間は550キロメートルに及ぶ。流域の住民は黒人またはムラトーが大部分を占め、人口密度は1平方キロメートル当り5人と低い。流域では木材のほか金、白金を産する。[松本栄次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アトラト川の関連キーワードロスロス・カティオス国立公園ロスカティオス国立公園パナマ運河チョコ州クナ

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android