コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アトラト川 アトラトがわRío Atrato

2件 の用語解説(アトラト川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アトラト川
アトラトがわ
Río Atrato

コロンビア北西部を流れる川。アンデスの西部山脈西斜面に源を発し,山脈を流下したのち,曲流しながらほぼ北流してカリブ海のウラバ湾に注ぐ。全長約 670kmであるが,熱帯雨林の繁茂する多雨地域を流れるため,流量がきわめて大きく,毎秒 5000m3に達する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アトラト川
あとらとがわ
Ro Atrato

南アメリカ大陸の北西端、コロンビア西部の低い海岸山脈とコルディエラ・オクシデンタル山脈との間の低地を北流し、カリブ海側のウラバー湾(ダリエン湾最奥部)に注ぐ川。長さ約700キロメートル流域面積3万5000平方キロメートル。流域は世界有数の多雨地域で、熱帯雨林に覆われている。沿岸最大の都市キブドの年降水量は7140ミリメートルもあり、このため一年中水量が豊富で、可航区間は550キロメートルに及ぶ。流域の住民は黒人またはムラトーが大部分を占め、人口密度は1平方キロメートル当り5人と低い。流域では木材のほか金、白金を産する。[松本栄次]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone