コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドルフ橋 アドルフばし

世界の観光地名がわかる事典の解説

アドルフばし【アドルフ橋】

フランス、ベルギー、ドイツと国境を接するルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク(Luxembourg)を流れるペトリュス(Petrusse)川の渓谷に架かる、石造のアーチ橋。長さは84m、高さは43m。同市の旧市街と新市街をつないでいる。◇「ニューブリッジ」(New Bridge)とも呼ばれる。1900年に建設が始まり、1903年に完成した。新市街側からは、橋の向こうに旧市街のノートルダム寺院をはじめとする寺院や教会の塔や憲法広場の黄金の女神像が、旧市街からは、橋の向こうに貯蓄銀行やECや現在のEUの母体となったヨーロッパ鉄鋼共同体のビルが見える。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

アドルフ橋の関連キーワードルクセンブルクの憲法広場

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android