コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アドルフ橋 アドルフばし

1件 の用語解説(アドルフ橋の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

アドルフばし【アドルフ橋】

フランス、ベルギードイツと国境を接するルクセンブルク大公国の首都ルクセンブルク(Luxembourg)を流れるペトリュス(Petrusse)川の渓谷に架かる、石造のアーチ橋。長さは84m、高さは43m。同市の旧市街と新市街をつないでいる。◇「ニューブリッジ」(New Bridge)とも呼ばれる1900年に建設が始まり、1903年に完成した。新市街側からは、橋の向こうに旧市街のノートルダム寺院をはじめとする寺院や教会の塔や憲法広場の黄金の女神像が、旧市街からは、橋の向こうに貯蓄銀行やECや現在のEUの母体となったヨーロッパ鉄鋼共同体のビルが見える。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アドルフ橋の関連キーワードスイスタリスフランベルギーロカルノ条約WEUドイツワイン祭りマース[川]THAベルギー輓馬 (Belgian Draught)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone