コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アナハゼ アナハゼ Pseudoblennius percoides

3件 の用語解説(アナハゼの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アナハゼ
アナハゼ
Pseudoblennius percoides

カサゴ目カジカ科。体長 18cmになる。体は細長くて側扁する。口は大きく,眼の後縁下に達するか,またはこえる。眼上に皮弁がある。体の斑紋には,褐色斑の明瞭なものから,ほとんど無紋に近いものまで変異に富む。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アナハゼ【Pseudoblennius percoides】

カサゴ目カジカ科の海産魚(イラスト)。ハゼの名がついているが,腹びれが吸盤状でないことや骨格のうえからもハゼの仲間とは縁遠い。日本各地の沿岸域に分布し,岩礁や潮だまりの岩陰などで生活する。口が大きく,体にうろこがないこと,また側線が波状であるのが特徴。全長20cmになる。体色は生息場所によって異なるが,背面が褐色で,側面から腹面にかけて徐々に白っぽくなるのが一般的である。また,体の背面や側面には不規則な暗色横帯や暗褐色斑がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アナハゼ
あなはぜ / 穴沙魚・穴鯊
perch sculpin
[学]Pseudoblennius percoides

硬骨魚綱スズキ目カジカ科に属する海水魚。北海道南部以南の日本各地、朝鮮半島南部に分布する。ハゼの名前がついているが、カジカ科の種類である。眼上部に平たい皮弁があるが、後頭部には皮弁がない。小さな前鰓蓋骨棘(ぜんさいがいこつきょく)がある。体に鱗(うろこ)がほとんどない。側線上に皮弁がない。体色は黒褐色、黄褐色など変化に富むが、腹側面に白色斑(はくしょくはん)がない。浅海の藻場や岩礁域にすむ。肉食性で小型甲殻類などを食べる。雄には大きな生殖突起がある。体長18センチメートルぐらいになる。近縁種のアサヒアナハゼには腹側面に白色斑があり、側線上に小皮弁がある。アヤアナハゼには臀(しり)びれに斜めに走る複雑な形の褐色帯がある。日本には、これらの種以外に数種以上のアナハゼ類がいる。[尼岡邦夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アナハゼの関連キーワードアコウダイカサゴキチジ笠子マカジキカサゴ(笠子)カジカ(鰍)フサカサゴ(総笠子)ミノカサゴ(蓑笠子)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone