コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アニュトス アニュトスAnytos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アニュトス
Anytos

前5~4世紀のギリシアの政治家。前 404~403年三十人僭主を追放して,アテネの民主派の指導者の一人となる。前 399年3人の告発人の一人としてソクラテスを告発,そのためのちに追放され,ポントスヘラクレイアで殺されたと伝えられるが確かではない。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アニュトス【Anytos】

前5~前4世紀のアテナイの政治家。生没年不詳。ペロポネソス戦争中ストラテゴス(将軍)を務め,敗戦後はアテナイの民主政回復のために活躍した。プラトンの対話編《メノン》では公正で穏健な人物であるが,ソフィストに対する熱心な批判者として描かれている。前399年,その政治観に基づいて,弁論家のリュコンとはかりメレトスという青年をして古来の神々をないがしろにしたとの罪でソクラテスを告発させ,処刑に至らせた。【前沢 伸行】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報