三十人僭主(読み)さんじゅうにんせんしゅ

世界大百科事典 第2版の解説

さんじゅうにんせんしゅ【三十人僭主】

前404年から前403年にかけて,ペロポネソス戦争直後のアテナイに一時樹立された寡頭派政権。30人からなるこの政権の担当者たちが一時期とった過酷な圧政ゆえに,この名がある。前404年春,ペロポネソス戦争の敗北は,当時のアテナイ政界で批判派の立場にあった寡頭主義者たちの登場を促した。彼らはスパルタ軍の介入を要請し,その圧力の下に民会をして国制の変革を図るための30人の立法委員を選出させるが,のちに〈三十人僭主〉と呼ばれたこれらの委員たちは,本来,新たな国制が成立するまで暫定政権としての役割を果たすはずのものであった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android