コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アノーヤター Anawrahta

2件 の用語解説(アノーヤターの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アノーヤター【Anawrahta】

1014‐77
ミャンマー最初の統一国家パガン朝の実質的創建者。9世紀の中頃からパガン地方を領有してきた支配者の家柄に生まれ,父クンソーチャウンビューを簒奪した義兄ソウカテーを倒して,1044年領主の地位を確保した。領域は,当初イラワジ川中流域に限定されていたが,周辺諸地域を徐々に勢力下に引き入れ政治的統合を達成する一方,チャウセー地方の河川,メイティーラ地方の湖沼を利用して灌漑網を整備,国力の充実に努めた。57年ミャンマー南部にあるモン族の国スダンマワディの都タトンを攻撃,国王マヌハ以下モン人捕虜3万人を中部ミャンマーへ連行した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アノーヤター
あのーやたー
Anawrahta
(1014―1077)

ビルマ(現ミャンマー)最初の統一国家であるパガン朝の実質的創建者(在位1044~1077)。1044年パガン地方の首長に就任したのち、各地の部族集団を次々に勢力下に組み入れて政治的国家統合を達成した。1057年には南ビルマにあったモン人の国タトンを攻撃して多数のモン人捕虜をパガンに連行、上座部仏教やモン文化を移入した。その後、南西ビルマのアラカンや中国の雲南へも遠征して王国の地盤を固めた。また、チャウセー地方に堰堤(えんてい)を築造して、灌漑(かんがい)稲作地帯をつくり上げた。[大野 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアノーヤターの言及

【パガン朝】より

…都城のパガンが築かれたのは9世紀中ごろで,イラワジ河畔に点在していたピュー族の小集落19ヵ村がその基礎となった。パガンが王国として確立されたのは,アノーヤター王(在位1044‐77)の登場後である。王は周辺諸部族を征服し,北はシュウェリー川から南はマルタバン湾岸に至るイラワジ川流域の平地を中心に王国を築きあげた。…

※「アノーヤター」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アノーヤターの関連キーワードサムイルスベン[1世]金の相場巴里紫式部ハインリヒ[2世]永超心誉藤原生子紫式部

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone