コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバクス abacus

翻訳|abacus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバクス
abacus

建築用語。ギリシア・ローマ建築で,柱頭の最上部に位置する方形の頂板。アーキトレーブを支える役割を果す。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

アバクス

古代,中世にヨーロッパで使われた計算板。一種の算盤(そろばん)で,板に十進法の位を表す一連の溝を刻み,その中で小石を動かして計算する。エジプト,ギリシア,ローマで使われ,中世ヨーロッパで盛んに用いられたが,16世紀ごろからアラビア数字と筆算の普及により衰えた。
→関連項目算盤

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

アバクスの関連キーワードイオニア式オーダードーリス式オーダーそろばん(算盤)フィボナッチ数ドーリス様式フィボナッチギリシア美術オーダー計算機械

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android