コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アバクス アバクス abacus

翻訳|abacus

2件 の用語解説(アバクスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アバクス
アバクス
abacus

建築用語。ギリシアローマ建築で,柱頭の最上部に位置する方形の頂板。アーキトレーブを支える役割を果す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

アバクス

古代,中世にヨーロッパで使われた計算板。一種の算盤(そろばん)で,板に十進法の位を表す一連の溝を刻み,その中で小石を動かして計算する。エジプト,ギリシア,ローマで使われ,中世ヨーロッパで盛んに用いられたが,16世紀ごろからアラビア数字と筆算の普及により衰えた。
→関連項目算盤

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

アバクスの関連キーワード西ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパ連合近代科学ヨーロッパトルコヨーロッパロシアミニヨーロッパヨーロッパ電子計算機工業会ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone