コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパタイト apatite

翻訳|apatite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アパタイト
apatite

一般式 M10(ZO4)3X2 で示される組成をもつ鉱物の総称。この式で,M はカルシウム,バリウム,マグネシウム,ナトリウム,カリウム,鉄,アルミニウムなど,Z はリン,硫黄,ケイ素,ヒ素など,X はフッ素,塩素,酸素,水酸基 OHなどである。代表的なものは,リン鉱石の主成分であるフッ素アパタイト Ca10(PO4)6F2 と生体無機構造材の水酸アパタイト Ca10(PO4)6(OH)2 。後者は歯のエナメル質で OH- の一部が F- に置換すると虫になりにくいといわれる。製法は種々あるが,粉体 (湿式,乾式) と単結晶 (溶融法,水熱法) で異なる。人工骨,電子工学材料,吸着剤,触媒,ガラス,肥料,飼料など,用途は広い。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アパタイトの関連キーワードローズ(Sir John Bennet Lawes)アパガードハローキティ"ホワイト"デンタアパトープレミアムタイプ歯と歯肉のしくみとはたらきストロンチウム水酸燐灰石歯を白くする歯みがき剤ハイドロキシアパタイトヒドロキシアパタイトアパガードアパキッズアパシウムMZプラスデンタアパトーMFXアパガードスモーキン光触媒セラピカキレイアパガードMプラスアパガードプレミオアパガードロイヤルバイオセラミックスデンタアパトーMXインプラントの話アパシャインSX

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アパタイトの関連情報