コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アパラチア造山運動 アパラチアぞうざんうんどうAppalachian orogeny

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アパラチア造山運動
アパラチアぞうざんうんどう
Appalachian orogeny

北アメリカ東部のアパラチア山脈の基本構造が形成された古生代末の造山運動。今日のアパラチア山脈からニューイングランドまで 2000kmに及ぶ地向斜が古生代初期頃から形成され,古生代を通して地殻変動を繰り返した。中期のデボン紀に地向斜の中央隆起帯が出現して,この陸地から大量の砕屑物が西側に運ばれ,石炭紀からペルム紀の厚い陸成層が形成された。ペルム紀には南東から北西へ押しかぶせ褶曲断層によって,アパラチア山脈の複雑な地質構造が完成した。この石炭紀後期からの地変をアパラチア造山運動という。地向斜の概念は 1859年にジェームズ・ホール,1873年にジェームズ・ドワイト・デーナがこの地変の研究によって提示した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アパラチア造山運動の関連キーワードアパラチア造山帯タコニック変動

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android