コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アビジン

2件 の用語解説(アビジンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

アビジン

 卵白に含まれるタンパク質で,ビオチンと強く結合する性質がある.生卵白を連続して多量に食べるとビオチン欠乏を起こす原因となる.ビタミン拮抗剤の一種.ビオチンとの特異的な強い結合を利用して,生化学研究での標識などの目的に用いられている.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アビジン【avidin】

ニワトリの卵白中に0.06%ほど含まれる糖タンパク質の一種で,糖鎖にはマンノースおよびグルコサミンが含まれている。等電点pH約10の塩基性アルブミン様タンパク質で,結晶化され,アミノ酸配列が決定されている。四量体として存在し,分子量は約6万。1分子当り4分子のビオチン(ビタミンH)を特異的に強く結合する天然のビタミン拮抗体で,熱によって活性を失う。粗卵白で動物を飼育すると,体内でアビジンがビオチンを結合し,その結果ビオチン欠乏症を起こす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone