アビジン

栄養・生化学辞典の解説

アビジン

 卵白に含まれるタンパク質で,ビオチンと強く結合する性質がある.生卵白を連続して多量に食べるとビオチン欠乏を起こす原因となる.ビタミン拮抗剤の一種.ビオチンとの特異的な強い結合を利用して,生化学研究での標識などの目的に用いられている.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

アビジン【avidin】

ニワトリの卵白中に0.06%ほど含まれる糖タンパク質の一種で,糖鎖にはマンノースおよびグルコサミンが含まれている。等電点pH約10の塩基性アルブミン様タンパク質で,結晶化され,アミノ酸配列が決定されている。四量体として存在し,分子量は約6万。1分子当り4分子のビオチン(ビタミンH)を特異的に強く結合する天然のビタミン拮抗体で,熱によって活性を失う。粗卵白で動物を飼育すると,体内でアビジンがビオチンを結合し,その結果ビオチン欠乏症を起こす。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android