コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アピ a phyi; Api

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アピ
a phyi; Api

ヒマラヤ山脈,ネパールヒマラヤ北西端に位置するアピ=ナンパ山群の主峰。標高 7132m。北にフムラカルナリ川,西にカリ川,南にセティ川が流れる。カリ川沿いの道は古くから聖山カンティセ (岡底斯) 山 (カイラス山) への巡礼路となっているため,アピ山の存在も早くから知られていた。山名はチベット語で「祖母」の意。 1954年,P.ギリオーネを隊長とするイタリア隊が北西からアタックしたが失敗に終る。 60年5月,日本の同志社大学山岳会 (隊長津田康裕) がカリ川沿いに進んで北面のアピ・コーラから頂上に向い,初登頂に成功した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

アピ

正式社名「アピ株式会社」。英文社名「API Co., Ltd.」。食料品製造業。明治40年(1907)創業。大正12年(1923)「有限会社岐阜養蜂場」設立。昭和47年(1972)「岐阜養蜂株式会社」設立。平成3年(1991)現在の社名に変更。本社は岐阜市加納桜田町。蜂産品メーカー。蜂蜜・ローヤルゼリー・プロポリスなどを製造。社名はラテン語ミツバチを意味する。

出典|講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について | 情報

アピの関連キーワードオレクサンドル ペトリフマス・コミュニケーションストックホルム・アピールオレーナ コステビッチアピタタウンけいはんなフランク デュムランバイシクルモトクロスヘルシンキ・アピールリーフウォーク稲沢アピる/アピられるナタリア パデリナマリア グロジェバグヌンムル国立公園JRタワースクエアear clipアピタタウン稲沢アピアさかせがわドン・キホーテランドピープルくれないちゃん

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アピの関連情報