アブドゥル・ムーミン(英語表記)`Abd al-Mu'min

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アブドゥル・ムーミン
`Abd al-Mu'min

[生]?
[没]1163. サレ
北アフリカに興ったベルベル人によるイスラム王朝の一つムワッヒド朝 (1130~1269) の創建者で,初代カリフ (在位 1130~63) 。ムワッヒド運動の創始者ムハンマド・イブン・トゥーマルトに若くして帰依し,その片腕として同運動に献身モロッコを中心に,ムラービト朝の勢力を一掃すべく軍事活動に専心した。教祖イブン・トゥーマルトによりその後継者に指名され,彼の死後一党を率いてムラービト朝を打倒した。国家建設後も内的秩序の確立に意を尽す一方,スペインに遠征軍を派遣するなど,対外発展に努めた。アブドゥル・ムーミンの死後,同朝のカリフは,すべて彼の子孫によって占められた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

COVID-19

2019年末に発生した新型コロナウイルス感染による症状の名称。コロナウイルス(Coronavirus)と病気(Disease)の短縮形に、感染が報告され始めた2019年を組み合わせ、20年2月11日に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android