コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルカリーム アブドアルカリーム

百科事典マイペディアの解説

アブド・アルカリーム

アブデル・クリムとも。モロッコの独立運動指導者。第1次大戦後の1921年スペインに対する武装反乱を組織。一時はリーフ地方全土を制圧してリーフ共和国を宣言したが,1925年フランス・スペイン連合軍に敗れた(リーフ戦争)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

20世紀西洋人名事典の解説

アブド・アルカリーム
‘Abd al-Karīm


1881 - 1963.2.6
モロッコの政治家。
元・リーフ共和国大統領。
リーフ地方のベニ・ウリアグル族の首長の子として生まれ、第一次世界大戦中モロッコの裁判所判事として活躍する。1922年からリーフ地方の反スペイン運動を指導、’23年リーフ共和国の樹立を宣言し、大統領となる。’25年フランス軍も参戦、’26年5月に降伏し、レユニオン島に幽閉される。しかし、’47年エジプトに亡命、北アフリカ解放委員会を設立し、マグリブ諸国の民族運動に貢献した。

出典|日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について | 情報

アブド・アルカリームの関連キーワードアブド・アルカリームベルベル

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android