アブド・アルカリーム(英語表記)‘Abd al‐Karīm

世界大百科事典 第2版「アブド・アルカリーム」の解説

アブド・アルカリーム【‘Abd al‐Karīm】

1882?‐1963
モロッコリーフ戦争の指導者。アブデル・クリムAbdel Krimとも呼ばれる。1912年以降モロッコはフランスとスペインの間で分割され,その植民地になったが,リーフ地方にはスペインの支配が完全に及んでいなかった。アブド・アルカリームは,征服戦争を進めるスペイン軍に対する抵抗運動の指導者であり,21年に反攻に転じてリーフ地方の支配権を奪回し,23年リーフ共和国の樹立を宣言,大統領となった。25年にフランス領に戦闘が拡大したことから,両国軍の共同作戦に直面して劣勢に陥り,翌年5月に降伏した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android