コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルカリーム ‘Abd al‐Karīm

1件 の用語解説(アブド・アルカリームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アルカリーム【‘Abd al‐Karīm】

1882?‐1963
モロッコリーフ戦争の指導者。アブデル・クリムAbdel Krimとも呼ばれる。1912年以降モロッコはフランススペインの間で分割され,その植民地になったが,リーフ地方にはスペインの支配が完全に及んでいなかった。アブド・アルカリームは,征服戦争を進めるスペイン軍に対する抵抗運動の指導者であり,21年に反攻に転じてリーフ地方の支配権を奪回し,23年リーフ共和国の樹立を宣言,大統領となった。25年にフランス領に戦闘が拡大したことから,両国軍の共同作戦に直面して劣勢に陥り,翌年5月に降伏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

アブド・アルカリームの関連キーワードタンジールモロッコモロッコ事件レリーフモロッコ革まどろっこ・いタトワンインリーフモロッコのファンタジアエンシャーラ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone