コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブド・アルカリーム ‘Abd al‐Karīm

1件 の用語解説(アブド・アルカリームの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アブド・アルカリーム【‘Abd al‐Karīm】

1882?‐1963
モロッコリーフ戦争の指導者。アブデル・クリムAbdel Krimとも呼ばれる。1912年以降モロッコはフランススペインの間で分割され,その植民地になったが,リーフ地方にはスペインの支配が完全に及んでいなかった。アブド・アルカリームは,征服戦争を進めるスペイン軍に対する抵抗運動の指導者であり,21年に反攻に転じてリーフ地方の支配権を奪回し,23年リーフ共和国の樹立を宣言,大統領となった。25年にフランス領に戦闘が拡大したことから,両国軍の共同作戦に直面して劣勢に陥り,翌年5月に降伏した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アブド・アルカリームの関連キーワード北九州(市)早稲田大学新聞小説朝鮮映画剥離面線構造舟木一夫津川雅彦ファイト先生池田勇人内閣冤罪

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone