コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アブラガヤ Scirpus wichurai Böcklr.

世界大百科事典 第2版の解説

アブラガヤ【Scirpus wichurai Böcklr.】

沼沢地や河原の湿地に見る大型のカヤツリグサ科多年草(イラスト)。茎は短く太い根茎から立ち上がり,まばらな株を作り,高さ1m以上となって,数個の節がある。節は茶色で,節間が黄色っぽく光沢があり,油があるかに見えるので油茅という。葉は茎の根もとと節につき,長く伸びた線形で,幅は1cmくらいである。夏の終りから秋に向かって,茎の上部に大型の散形花序を出し,数回枝分れしながら,茶色で楕円形小穂をきわめて多数密生する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アブラガヤ
あぶらがや / 油萱・油茅
[学]Scirpus wichurai Bckler

カヤツリグサ科の多年草。高さは約1メートルだが、1.5メートルほどになるものもある。夏から秋にかけて茎の先に大きな花序をつけ、褐色の小穂が散房状につく。成熟した果実は風に吹かれて散っていく。日当りのよい山地の湿地に生え、群生することが多い。日本各地にみられ、東アジアに広く分布する。変異が大きく、いくつかの変種や品種に分けられることもある。名は、小穂が油色で、油のにおいがするためといわれる。[木下栄一郎]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

アブラガヤの関連キーワード蚊帳吊草科道草蟹茅

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android