アプリコット(英語表記)apricot

翻訳|apricot

色名がわかる辞典の解説

アプリコット【apricot】

色名の一つ。JISの色彩規格では「やわらかい黄赤」としている。一般に、バラ科アンズの熟した果実の色をさし、淡いオレンジ色。和名のあんずはアプリコットの訳語。JISの色彩規格による文章表現ではともに「やわらかい黄赤」としているが、色を数値で表した場合はアプリコットよりもわずかに黄色みが強い。いずれも化粧品、女性用の靴や衣料品、インテリア用品などの色として日常によく使われる。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

アプリコット

〘名〙 (apricot)
① アンズ。「アプリコットジャム」
② あんず色。赤みがかった黄色。
※若いセールスマンの恋(1954)〈舟橋聖一〉八「アプリコットのオープン・カラアの下に」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

僥倖

[名](スル)1 思いがけない幸い。偶然に得る幸運。「僥倖を頼むしかない」「僥倖にめぐりあう」2 幸運を願い待つこと。「生死の境の中に生きることを―しなければならない運命」〈有島・生れ出づる悩み〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アプリコットの関連情報