コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマガサヘビ アマガサヘビ Bungarus multicinctus

3件 の用語解説(アマガサヘビの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アマガサヘビ
アマガサヘビ
Bungarus multicinctus

トカゲ目コブラ科。体長 1.5m内外。黒い体に淡色の環状模様をもつ。頭部は小型で,太さが頸部とあまり違わない。夜行性で,下水溝などを伝って人家に侵入してくることもある。攻撃性は低いが有毒で,毒性の強い神経毒をもち,咬まれても痛みを伴わない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

アマガサヘビ【krait】

熱帯アジアに産するコブラ科アマガサヘビBungarusに属する危険な毒ヘビの総称。パキスタン,インド,東南アジア,中国南部,台湾に分布。英名はヒンディー語の〈三角頭のヘビ〉によるが,三角頭はそれほど顕著でなく,頸部のくびれも少なくて,一見無毒ヘビのように見える。12種が知られ,1種以外は背面の正中線上の体鱗1列がとくに大きいのが特徴。暗色の帯状模様が胴から尾にかけて並ぶ。最大種はインド,東南アジア,中国南部に分布するキイロアマガサB.fasciatusイラスト)で,全長1.5~2.1m,背面中央列のうろこが隆起し,尾の先端がちぎれたように丸いのでマルオアマガサの別名もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマガサヘビ
あまがさへび / 雨傘蛇
krait

爬虫(はちゅう)綱有鱗(ゆうりん)目コブラ科アマガサヘビ属に含まれるヘビの総称。同属Bungarusのものは、「三角頭のヘビ」を意味するヒンディー語に由来するクレイトの名でもよばれる危険な毒ヘビ。パキスタン、インド、東南アジア、中国南部、台湾に12種が分布し、1種を除き、背面の正中線上の体鱗1列が他より大きいのが特徴。頭部から尾部にかけて幅広い暗色の帯状模様が並び、種類によって形や数に違いがある。性質がおとなしく、頭頸(とうけい)部にくびれが少ないため無毒ヘビのようにみえるが、上顎骨(じょうがくこつ)の先端には1対の毒牙(どくが)を備え、毒性が激しいためきわめて危険である。夜行性で夜間は行動が能動的となり、現地では人が踏みつけてかまれ咬症(こうしょう)を受けるケースが多く、致命率も高い。最大種はキイロアマガサBungarus fasciatusで全長1.5~2.1メートル、尾の先端がちぎれたように円みを帯びて終わっている。生息密度が高く、居住区周辺にもすむため被害が多い。餌(えさ)はもっぱら毒ヘビのコブラを含むヘビ類で、トカゲや魚をとらえることもある。卵生で、夏に5~12個ほどを産卵し、傍らで雌がこれを守る。[松井孝爾]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アマガサヘビの関連キーワードコブラ雨傘蛇毒蛇クライト珊瑚蛇あまがさかえるのあまがさウミヘビ(海蛇)サンゴヘビ(珊瑚蛇)ニシキヘビ(錦蛇)

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone