コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アマハステビア Stevia rebaudiana Hemsl.

2件 の用語解説(アマハステビアの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

アマハステビア【Stevia rebaudiana Hemsl.】

1970年に日本に導入された葉から甘味料を採る新しい作物である。属名をとって単にステビアとも呼ばれるパラグアイ原産のキク科の多年草で,古くからインディオたちが甘味料として利用していた。 対生する葉は長さ3~5cmのやや先のとがった楕円形で,基部が細る。茎は高さが80cmほどになり,基部は若干木化する。枝分れをして,各枝先に秋になると白い小花を多数つけ,初冬まで次々と咲き続ける。種子には毛があり,風に乗って散る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アマハステビア
あまはすてびあ
[学]Stevia rebaudiana Bertoni

キク科の多年草。属名から単にステビアともよばれる。南アメリカのパラグアイが原産地。茎は高さ80センチメートルほどになり、基部は若干木化する。葉はやや先のとがった楕円(だえん)形で長さ3~5センチメートル、基部が細くなり対生する。秋から初冬まで枝先に白い小花が多数開く。種子には毛があって、風で飛んで繁殖する。葉から甘味料がとれる。甘味成分はステビオサイドとよばれ、砂糖の300倍ほどの甘さがあり、砂糖を控える人向きの甘味料に使われる。パラグアイでは古くからインディオたちが甘味料として利用していた。葉を摘みとって紅茶などに入れるとさわやかな甘味が出る。また、薬用に低血糖剤の開発が進められている。日本には1970年(昭和45)ごろに導入された。種子でも挿木でも増やすことができる。じょうぶで、暖地では冬でも地下部は枯れず、翌春ふたたび株から芽を出す。[星川清親]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のアマハステビアの言及

【ステビア】より

…葉から甘味料を採るために栽培されるキク科の多年草。属名をそのままとった名前だが,切花用園芸種で同じくステビアと呼ばれるものがあるので,これと区別してアマハステビアともいう。アマハステビア【星川 清親】…

【ステビア】より

…葉から甘味料を採るために栽培されるキク科の多年草。属名をそのままとった名前だが,切花用園芸種で同じくステビアと呼ばれるものがあるので,これと区別してアマハステビアともいう。アマハステビア【星川 清親】。…

※「アマハステビア」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

アマハステビアの関連キーワード黒人問題鉄鋼業自動車工業朝鮮映画永堀剛敏RCA市民運動醸造業中南米映画電子工業

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone