アマン・ジャン(読み)あまんじゃん(英語表記)Edmond Aman-Jean

日本大百科全書(ニッポニカ)「アマン・ジャン」の解説

アマン・ジャン
あまんじゃん
Edmond Aman-Jean
(1859―1936)

フランスの画家。セーヌ・エ・マルヌ県に生まれる。パリの美術学校に学び、スーラと出会い、1881~1888年、二人でアトリエを共有し、スーラの点描法に同調する。しかし、やがて寓意(ぐうい)的、物語的主題を扱い、象徴主義的傾向を強める。1892年および翌1893年の「薔薇(バラ)+十字」展に参加、またベルレーヌマラルメとも親交する。「ソシエテ・ナショナル」「サロン・ドートンヌ」「ウィーン・ゼツェッション」展などに出品するが、1925年ロダンたちとともに「サロン・デ・チュイルリー」を創設。パステルもよくしたが、このパステル調の夢幻的な雰囲気のなかで描いた婦人像で広く知られ、松方コレクション、大原コレクションなどにも収蔵されている。

[中山公男]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アマン・ジャン」の解説

アマン・ジャン
Aman-Jean, Edmond François

[生]1860. セーヌエマルヌ,シュブリーコシニー
[]1936.1.25. パリ
フランスの画家,版画家。印象派的手法,甘美な色彩で夢想的な女性像を描く。主要作品『タデー・C.ジャケー嬢 (のちの夫人) 』 (1892,オルセー美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

ペルソナ・ノン・グラータ

好ましくない人の意。国際法上,外交使節団の長 (大使) のアグレマンを求められた国は,自国にとって好ましくない人物と判断した場合,理由を示さず派遣を拒否できる。着任後好ましくない人物であることが判明し...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android