アミュンタス3世(読み)アミュンタスさんせい(英語表記)Amyntas III

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アミュンタス3世
アミュンタスさんせい
Amyntas III

[生]?
[没]前370/前369
マケドニア王 (在位前 393頃~前 370/369) 。2世とも数えられる。マケドニア王国の混乱時代に登位し,その勢力を国外に及ぼし,その後のマケドニアの発展の基礎を築いた。まずイリュリア人カルキディケ連盟の攻撃を退け,ギリシアに対しては巧妙な外交政策によって介入し,アテネやテッサリアとは友好関係を保った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

医療過誤

診療過誤ともいい,医療行為一般の誤りをさす。医学知識の不足,医療技術の未熟,診療行為の全体としての疎漏さ,不適切な薬剤や医療器具の使用などが原因となる。具体的には誤診,診断の遅延,手術過誤,注射事故,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android