テアイテトス(読み)てあいてとす

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアイテトス
Theaetetus

[生]前417頃. アテネ
[没]前369. アテネ
古代ギリシアの数学者。ギリシアの幾何学の発展に大きな影響を与えた。ソクラテスの弟子で,キュレネのテオドロスとともに学んだ。一時期ヘラクレアで教えていた。プラトン対話篇のうち,『テアイテトス』と『ソピステス』に主要人物として登場する。前者は,前369年のアテネとコリンソスの戦いで死亡したことを含め,テアイテトスの生涯についてのおもな情報源となっている。テアイテトスは,ユークリッドが最終的に『原本』として体系化した数学に,重要な貢献を行なった。そのおもな業績は無理数に関するもので,『原本』第10巻に述べられている。また,5種類のプラトンの立体(正四面体,正六面体,正八面体,正十二面体,正二十面体。→正多面体)を球に内接させる方法を発見し,これは『原本』第13巻で扱われている。さらに比例に関する一般理論を考案したともいわれている。比例はピタゴラス学派による数値に基づく理論のあとで体系化されたが,『原本』第5巻に述べられているクニドスのエウドクソスの理論に先立つものである。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテアイテトスの言及

【ギリシア科学】より

…このヘレニズム科学を代表する学者としては,数学におけるユークリッド(エウクレイデス),ペルゲのアポロニオス,ディオファントス,物理学におけるアルキメデス,天文学におけるサモスのアリスタルコス,ニカエアのヒッパルコス,プトレマイオス,地理学のエラトステネス,解剖学・生理学におけるヘロフィロス,エラシストラトス,ガレノスらがいる。プトレマイオス1世の下で活躍したユークリッドはいわゆる〈ユークリッド幾何学〉の大成者で,パルメニデス,プラトンに発する厳密な論証の理念をうけつぎ,さらにエウドクソスやテアイテトスTheaitētosの先駆的業績を集大成しながら不朽の名著《ストイケイア》を完成した。アルキメデスはシチリアのシラクサの出であるが,アレクサンドリアに学び,ここの科学者たちと密接な関係をもっていた。…

【プラトン数】より

… なおプラトンの名が冠せられるものに〈プラトン立体Platonic solid(body)〉として知られる図形がある。五つの正多面体(正四面体,正六面体,正八面体,正十二面体,正二十面体)の別称で,《ティマイオス》に記述されていることによるが,正四,六,十二面体はピタゴラス学派の,正八,二十面体はテアイテトスTheaitētos(前4世紀)の発見によるという。ヒッパソスHippasosなるピタゴラス学派の学者が正十二面体の秘密を漏らしたため溺死したという伝承があり,後世ケプラーがこの〈プラトン立体〉を組み合わせて宇宙モデルを構想したことも有名だが,いずれもそこにはプラトン数と同様,数およびその具体化である図形を神秘的なものとして考える態度がうかがえる。…

※「テアイテトス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android