ウァレンス(英語表記)Valens

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウァレンス
Valens

[生]328頃
[没]378.8.9.
ローマ皇帝 (在位 364~378) 。兄のウァレンチニアヌス1世と共治。東方を支配。プロコビウスの反乱を鎮圧,西ゴート,ササン朝ペルシアと戦ったが,決定的勝利を収めることができず,フン族に追われた西ゴート人の侵入を受け,アドリアノープルの戦いで大敗,その死体すら見つからなかった。アリウス派の信者で,アタナシウス派を迫害した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウァレンス【Flavius Valens】

328ころ‐378
ローマ皇帝。在位364‐378年。兄ウァレンティニアヌス1世により東の共治帝とされる。373年以降ペルシアとの戦争に従事,また375年にはフンの西進に圧迫された西ゴートにドナウ渡河,ローマ領内への移住の許可を与えた。376年末トラキアに移住していたフリティゲルン麾下(きか)の西ゴートが,ローマ側の現地役人の不正に不満を爆発させて暴徒化すると,ペルシアと和を結び,軍をトラキアに派遣した。378年8月グラティアヌス帝からの援軍到着を待たずにみずから軍を率いてアドリアノープル(現,トルコのエディルネ)付近で西ゴートを迎え撃ったが,惨敗を喫して戦死した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウァレンス
うぁれんす
Flavius Valens
(328ころ―378)

ローマ皇帝(在位364~378)。パンノニア出身。兄ウァレンティニアヌス1世により共治帝としてコンスタンティノポリス(コンスタンティノープル)を首都とする帝国東部の統治をゆだねられる。367~369年に西ゴート人と、369~377年にはアルメニアに侵入したペルシア軍と戦った。376年、フン人に追われた西ゴート人がドナウ川を渡り下モエシアに移住することを許したが、約束に反して冷遇された西ゴート人は武器をとり、377年トラキアに侵出した。西ゴート人はいったん撃退されたが、翌378年ふたたび来襲した。ウァレンスは、帝国西部を統治する皇帝グラティアヌスの来援を待たず、同年8月9日、アドリアノープル付近で攻撃をしかけ、完敗して戦死した。彼は熱心なアリウス派で、正統派キリスト教を迫害した。[市川雅俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のウァレンスの言及

【ローマ】より

…この時期の主要な対外問題はササン朝であった。次に帝国を担ったのはウァレンティニアヌス1世(在位364‐375)とその弟ウァレンス(在位364‐378)で,この時期の危機は北方国境にあり,ウァレンスは侵入した西ゴート族に敗れ(378),遺体もみつからなかった。ウァレンティニアヌスの息子グラティアヌス(在位367‐383)を補佐したテオドシウス1世(在位379‐395)は,西ゴートを国境外に追えないと悟り,彼らにトラキア管区の北部2州に防衛義務と交換に定住地を与えた。…

※「ウァレンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android