コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカン・ニュー・シネマ American New Cinema

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカン・ニュー・シネマ
American New Cinema

1967年ころから登場し始めた新しいアメリカ映画をいうが,明確な定義はない。 A.ペンの『俺たちに明日はない』 (1967年) が公開されたとき,ジャーナリズムが「ニュー・シネマ」と呼んだのが始まりで,以降,その呼び名は,従来のハリウッド方式に逆らう一群の作品を指す総称となる。ほかに M.ニコルスの『卒業』 (67年) ,D.ホッパーの『イージー・ライダー』 (69年) ,J. R.ヒルの『明日に向かって撃て!』 (69年) ,S.ペキンパーの『ワイルド・パンチ』 (69年) など。 60年代は,映画を取り巻く内外の状況が急変していった時代で,社会がベトナム戦争や公民権運動に揺れ動き,若者が既成の価値観に反発を強め,映画界では旧来のシステムが解体しかけていた。この背景の下,「ニュー・シネマ」が誕生したのである。反体制的な価値観や自由な話法,ロケーション中心主義などがそれらの特徴で,それまでにない斬新な表現は,アメリカ映画に新風を吹き込んだが,本質的にこれらの作品もまた,ハリウッド映画以外の何物でもなかった。ハリウッドは「ニュー・シネマ」が興行的に成功すると,そういう表現方法をも自己組織化し,さらに成長していくのである。この呼称は,日本ではよく使われるが,発祥地のアメリカではすでに死語に近いといえよう。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のアメリカン・ニュー・シネマの言及

【ニュー・シネマ】より

…不況時代のアメリカ中西部の銀行を荒らしまわった男と女の2人組のギャングの短く激烈な人生を描く,この〈アナーキーな暴力〉にみちた青春映画に次いで,やはり〈無法の青春〉を描いたデニス・ホッパー監督《イージー・ライダー》(1969)が,若い観客層を熱狂させて大ヒット。ともに低予算の映画で,ハリウッドの伝統である撮影所システムに縛られずに,ハリウッド育ちではない監督(アーサー・ペンはニューヨークの舞台の演出家出身であり,デニス・ホッパーはリー・ストラスバーグの〈アクターズ・スチュディオ〉の俳優出身である)によって〈自由に〉つくられたことから,ハリウッド=アメリカ映画の概念を打ち破った新しいアメリカ映画として〈ニュー・シネマ〉あるいは〈アメリカン・ニュー・シネマ〉の呼称で総括されることになった。 おりから大手映画会社の撮影所が次々に外部の金融資本によって買収され,〈ハリウッドの崩壊〉が叫ばれていた矢先でもあったので,〈ニュー・シネマ〉こそアメリカ映画の救世主であり未来を背負う力であるとすらいわれたが,《俺たちに明日はない》の二番せんじのギャング映画や《イージー・ライダー》を模倣したオートバイ映画などがはんらんした結果,そのほとんどすべてが興行的に失敗した。…

※「アメリカン・ニュー・シネマ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

アメリカン・ニュー・シネマの関連キーワードヒル(George Roy Hill)ペン(Arthur Penn)M★A★S★H マッシュフレンチ・コネクションタクシードライバー明日に向って撃て!シビル シェパードカッコーの巣の上で真夜中のカーボーイデニス ホッパーニューシネマ小さな巨人マリック泳ぐひと

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android