コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメリカ体制 アメリカたいせいAmerican System

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメリカ体制
アメリカたいせい
American System

1824年アメリカの連邦上院議員 H.クレーが提唱した農・工・商業の分業協業による自立的国民経済体制の構想。具体的には,国内工業振興のための高率保護関税の設定,西部農産物のための国内市場の開発,それを媒介する道路・運河網の整備と拡充,また全国的な金融機関としての合衆国銀行の維持,公有地売却代金の州政府への分配などを内容とする。これは当時急速に進展しつつあったアメリカ産業革命と西部農業とを有機的に結合して,アメリカ経済のイギリスの支配下からの自立と,ラテンアメリカ諸国の独立を契機とする西半球の経済的支配を展望したアメリカ国民経済の形成を目指した一つのプログラムであった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

アメリカ体制の関連キーワードケアリー(Henry Charles Carey)ケアリー(Mathew Carey)ホイッグ党(アメリカ)無効宣言ケアリー

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android