コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アメーバ類 アメーバるいAmoebida; amoeba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アメーバ類
アメーバるい
Amoebida; amoeba

原生動物門肉質虫亜門根足虫綱アメーバ目に属する種類の総称。広義には有殻アメーバ類を含むこともある。体は1個の細胞から成り,形は不定であるが,体長 0.05~0.6mm内外である。原形質は一般に等質透明な外肉と顆粒の多い流動性に富む内肉とに区別され,内肉中には通常1個の球形の核と1~3個の収縮胞,その他食胞などが常にみられる。仮足を出して移動し,細菌,藻類などを捕食する。無性的分裂によってふえる。普通淡水中や湿土の表面などにすみ,海産種はごくわずかである。動物の消化器官などに寄生するものもあり,ヒトの大腸に寄生することのある病原性の赤痢アメーバEntoamoeba historiticaは有名である。アメーバ類は細胞学,生理学などの実験材料としてよく利用される。 (→根足虫類 , 肉質虫類 )

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

アメーバ類の関連キーワードアメーバ運動土壌微生物ナベカムリ寄生虫病食作用出芽

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android