コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アヤトビウオ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アヤトビウオ
あやとびうお / 綾飛魚
Yellow-wing flyingfish
[学]Cypselurus poecilopterus

硬骨魚綱ダツ目トビウオ科に属する海水魚。北海道南部以南の太平洋、富山県以南の日本海、インド・西太平洋の熱帯海域に広く分布する。体は太くて、短く、頭が大きい。吻(ふん)は短く、比較的目が大きい。両顎(あご)の歯は3尖頭(せんとう)。腹びれは尾びれ下端起部よりも鰓蓋(さいがい)後縁に近いところから始まる。胸びれの鰭膜(きまく)上に、多数の茶褐色の斑紋(はんもん)が散らばる。胸びれに斑点をもつ他種とは、臀(しり)びれ軟条が少なくて7~9本であることで区別できる。トビウオは幼魚のときにひげがあるものが多いが、本種の幼魚にひげはない。全長は30センチメートルほどになる。表層にすみ、浮遊性の動物を食べる。九州南部では初夏に産卵する。夏期に刺網や定置網で漁獲される。[尼岡邦夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のアヤトビウオの言及

【トビウオ(飛魚)】より

…全長33cm。胸びれに楕円形の暗色斑があるアヤトビウオC.poecilopterusも南方系の種類で,九州南部,伊豆七島で盛夏に漁獲される。全長27cm。…

※「アヤトビウオ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

アヤトビウオの関連キーワード胸びれ