アラカルフ(英語表記)Alacaluf

世界大百科事典 第2版の解説

アラカルフ【Alacaluf】

チリ南部,南緯47゜30′あたりからフエゴ島の西にある島々にかけて住む土着民族。アンデス山脈南端の氷河が東に迫り,山麓は樹木が密生する多雨地帯である。一方,海岸は複雑なリアス海岸地形で,海には無数の島が浮かぶ。寒冷の気候と地形的条件のために農耕は不可能で,生業は漁労狩猟が中心となる。貝やウニの採集,アザラシ,ウ,ペンギン,カモの狩猟が主で,ほかにイルカ,ラクダ科のグアナコ,魚,若干の野生植物の実などもとる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のアラカルフの言及

【フエゴ[島]】より

… 1520年,マゼラン一行が探検し〈火の島〉と命名した。当時同島にはオナ,ヤーガンアラカルフなどの原住民が住み,同島は原住民の間では〈オニシン(オナ族の地)〉と呼ばれていた。19世紀初めまでヨーロッパ人の渡来はまれであったが,その後南大西洋に航海基地を求めるイギリスの注目を集め,同国船団が渡来するようになった。…

※「アラカルフ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リテラシー

1 読み書き能力。また、与えられた材料から必要な情報を引き出し、活用する能力。応用力。2 コンピューターについての知識および利用能力。→コンピューターリテラシー3 情報機器を利用して、膨大な情報の中か...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android