アラビアのロレンス(読み)アラビアノロレンス

デジタル大辞泉 「アラビアのロレンス」の意味・読み・例文・類語

アラビアのロレンス

中野好夫による、英国軍人・考古学者、トーマス=エドワード=ローレンス評伝初版は昭和15年(1940)刊。改訂版は昭和38年(1963)刊。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラス 「アラビアのロレンス」の解説

アラビアのロレンス

1962製作のイギリス・アメリカ合作映画。原題《Lawrence of Arabia》。アラブ人を統率してトルコ軍と戦ったT・E・ロレンス主人公にした歴史スペクタクル。監督:デビッド・リーン、出演:ピーター・オトゥール、アレック・ギネス、アンソニー・クインほか。第35回米国アカデミー賞作品賞、監督賞、美術賞(カラー)、撮影賞(同)、編集賞、作曲賞、音響賞受賞。第20回米国ゴールデングローブ賞作品賞(ドラマ部門)受賞。第16回英国アカデミー賞作品賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

百科事典マイペディア 「アラビアのロレンス」の意味・わかりやすい解説

アラビアのロレンス

ロレンス

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典(旧版)内のアラビアのロレンスの言及

【リーン】より

… ディケンズの小説を映画化した《大いなる遺産》(1946),《オリバー・トウィスト/放浪の孤児》(1948)がそれに続き,戦後のイギリス映画のルネサンスを築く。ディケンズものとノエル・カワードの小市民喜劇を合わせたといえる《ホブスンの婿選び》(1954),《逢びき》の延長線上に生まれた恋愛映画の名作《旅情》(1955)をへて,ハリウッドのプロデューサー,サム・スピーゲルの製作による《戦場にかける橋》(1957)と《アラビアのロレンス》(1962)でアカデミー監督賞を連続受賞し,国際的な大監督の座についた。《アラビアのロレンス》から《ドクトル・ジバゴ》(1965),《ライアンの娘》(1970)と70ミリの大画面を駆使した文芸色豊かなメロドラマで興行価値100パーセントの巨匠となり,とくに《ライアンの娘》は,70ミリのカメラで撮影された〈真の70ミリ映画〉の最後の作品といわれる。…

【ロレンス】より

…イギリスの探検家,考古学者,軍人。通称〈アラビアのロレンス〉で有名。オックスフォード大学で考古学を学び,ことに中近東に関心をもち,1910‐14年大英博物館の中東遺跡発掘調査に参加。…

※「アラビアのロレンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

タコノキ

タコノキ科の常緑高木。小笠原諸島に特産する。幹は直立して太い枝をまばらに斜上し,下部には多数の太い気根がある。葉は幹の頂上に密生し,長さ1〜2m,幅約7cmで,先は細くとがり,縁には鋭い鋸歯(きょし)...

タコノキの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android