コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アラビアオリックスの保護区 アラビアオリックスのほごく

世界遺産詳解の解説

アラビアオリックスのほごく【アラビアオリックスの保護区】

1994年にオマーンの世界遺産(自然遺産)として登録された。アラビアオリックスは想像上の動物であるユニコーンのモデルになったといわれているウシ科オリックス属の草食動物。この動物の特徴ある角を狙う狩猟が原因で、1972年に野生種が絶滅した。アラビアオリックスを育成するために、オマーン国王カブース・ビン・サイードが1982年にアメリカから譲り受けた10頭を、オマーン中央部の砂漠の丘陵地帯ジダッド・アル・ハラシース平原に放し飼いで野生に戻し、同地域を保護区として設定した。この保護区にはアラビアオリックスのほか、アラビアオオカミ、アラビアガゼル、カラカル、ヌビアアイベックス、フサエリショウノガン、ラーテルなどが生息している。しかし、残念ながら、環境悪化やオマーンの国内事情などにより2007年に登録抹消された。世界遺産のなかで登録を抹消されたのは、これが初めてのケースである。◇英名はArabian Oryx Sanctuary

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

アラビアオリックスの保護区の関連キーワードアラビアオリックス保護区[オマーン]

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラビアオリックスの保護区の関連情報