コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アララト Ararat

翻訳|Ararat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アララト
Ararat

オーストラリア,ビクトリア州南西部,メルボルン西北西 203kmにある町。 1850年代のゴールドラッシュ時代の金鉱町の一つ。メルボルン-アデレード間の鉄道,道路が通る。人口 7622 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

アララト【Ararat】

トルコ東部、イランとアルメニアとの国境近くにある火山。海抜5165メートル。旧約聖書の創世記ではノアの箱舟がこの山に漂着したとある。正称、ビュクアールダー山。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

アララトの関連キーワードエチミアツィンの大聖堂と教会群及びズヴァルトノツの古代遺跡アルメニア(アジア南西部)イス・テムル(玉昔鉄木児)アルメニア(地方)アトム エゴヤンアルメニア[人]アルメニア共和国アララト[山]ドウバヤズットドーウバヤジトエチミアジンアララト山世界の国旗アルメニアアラガツ山ウラルトゥノアの箱舟小アジアアラス川エレバン

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アララトの関連情報