コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

死火山 シカザン

百科事典マイペディアの解説

死火山【しかざん】

現在まったく活動しておらず,将来的にも活動する可能性がないと思われる火山。しかし火山の活動はきわめて長期間にわたるものであり,複成火山の場合,数万年におよぶ活動の休止期間をもつ例は珍しくない。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

死火山

有史時代に一度も活動をしたことのない火山で,火山活動が全く止まり,大気の活動による破壊を受けている火山.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

しかざん【死火山】

かつて、有史時代にはいって以来、一度も噴火していない火山をいった語。防災上誤解を招きやすいことから、近年用いられなくなった。 → 活火山休火山

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

死火山
しかざん

火山を活火山、休火山、死火山に分類した場合の噴火記録がない火山。第四紀(過去約170万年間)の火山も、大半は死火山で、大山(だいせん)(鳥取県)、箱根山(神奈川・静岡県)、大雪山(たいせつざん)(北海道)が好例。しかし、活火山、休火山は区別しがたい。さらに、有史時代の長さは各火山で違ううえに、火山の寿命に比べて短すぎ、「死火山」が第二次世界大戦後に噴火した例も、雌阿寒岳(めあかんだけ)(北海道)、西之島(東京都、新島誕生)、御嶽山(おんたけさん)(岐阜・長野県)など、少なくない。近年、この火山分類は不合理とされ、休火山、死火山の語は廃されてきた。現在は、火山を活火山とそうでない火山に分け、新定義の活火山(今後も噴火するおそれがある火山)には、従来の活火山、休火山に加えて、箱根山、大雪山など若干の死火山も含まれる。[諏訪 彰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の死火山の言及

【火山】より

…したがって古い地質時代の火山は火山噴火地点としての意味が強い。
【活火山,休火山,死火山】
 火山を,(1)現在盛んに活動中のもの,(2)噴火の記録はあるが,現在は噴火もせず,噴気・硫気活動もないもの,(3)噴火の記録は残されてなく,現在も火山活動はないが,その形や構造から火山と認定されるものに分け,(1)を活火山active volcano,(2)を休火山dormant volcano,(3)を死火山extinct volcanoと呼ぶことがある。この分類は長いこと一般に使われていたが,便宜的なもので,休火山や死火山と考えられていたものが再び活動した例はいくつもある。…

※「死火山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

死火山の関連キーワードダントルカストー[諸島]フェニックス諸島保護地域ピュイ・ド・ドーム[山]ダイヤモンド・ヘッドマウント・ガンビアラミントン[山]アナタハン[島]エリブルス[山]アララト[山]エルゴン[山]気のいい火山弾パノムルン遺跡キリマンジャロカウアイ[島]カズベク[山]オアフ[島]サハマ[山]チリキ[山]ケニア[山]環境芸術

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android