アラン グリーンスパン(英語表記)Alan Greenspan

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
エコノミスト 元米国連邦準備制度理事会(FRB)議長

国籍
米国

生年月日
1926年3月6日

出生地
ニューヨーク市

学歴
ジュリアード音楽学校卒,ニューヨーク大学卒,ニューヨーク大学大学院(経済学)〔1950年〕修士課程修了,コロンビア大学大学院中退

学位
経済学博士(ニューヨーク大学)〔1977年〕

勲章褒章
KBE勲章

経歴
高校時代はクラリネットとテナーサックスを演奏し、ジュリアード音楽学校に入学、バンドを組みジャズ・クラブなどを回る。その後、ニューヨーク大学に入学。1954年コロンビア大学大学院在学中に経済コンサルタント会社タウゼント・グリーンスパンを設立、社長。のちニクソン政権で大統領経済諮問委員会(CEA)委員、’74〜77年フォード政権でCEA委員長、’81〜83年レーガン政権で社会保障全国委員長。以後、財務省、連邦準備制度理事会(FRB)顧問を経て、’87年8月第13代FRB議長に就任。以来、2006年1月まで5期18年半務めた。この間、就任から間もない1987年10月に起きたニューヨーク株式市場のブラックマンデー(株価の大暴落)への対応や、2001年9月の同時テロ事件後の緊急利下げなどで国際金融市場で絶大な信頼を獲得。“史上最強のセントラルバンカー”“歴代最高のFRB議長”と呼ばれた。しかし、2008年のリーマン・ショック以降、金融混乱の原因を見過ごしたとして非難された。1994年国際決裁銀行(BIS)理事。2002年英国のエリザベス女王より名誉ナイトの爵位を授与される.2006年ワシントンD.C.にグリーンスパン・アソシエーツを設立し社長。2007年ドイツ銀行顧問。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

出勤再開うつ

在宅勤務から出勤再開に伴う不安やストレスによって生じる心身の不調を指す俗称。2020年に新型コロナウイルスの感染拡大防止策として普及した、テレワークなどによる在宅での新しい働き方に慣れてきた頃に、緊急...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

アラン グリーンスパンの関連情報