アリオッタ(英語表記)Aliotta, Antonio

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「アリオッタ」の解説

アリオッタ
Aliotta, Antonio

[生]1881. パレルモ
[没]1964
イタリアの哲学者。実験心理学者として出発し,哲学ではモナド的観念論に立つ。 B.クローチェ,G.ジェンティーレの新ヘーゲル派に反対し,科学哲学,実在論,プラグマティズムへの共感を示し,形而上学的,宗教的真理も実験による確証なしには有効でないとした。主著相対主義と観念論』 Relativismo e idealismo (1922) ,『進化論と唯心論』 Evoluzionismo e spiritualismo (48) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android