コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

相対主義 そうたいしゅぎrelativism

翻訳|relativism

5件 の用語解説(相対主義の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

相対主義
そうたいしゅぎ
relativism

絶対主義に対するもの。認識,価値の相対性を説く立場。哲学史的には,最初ゴルギアスプロタゴラスらのソフィストたちによって主張され,プロタゴラスの「人間は万物の尺度である」という主張は知識,価値が個人との関係において相対的にしか妥当しないことを表わしており,その立場は主観的相対主義であるといえよう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

そうたい‐しゅぎ〔サウタイ‐〕【相対主義】

哲学で、人間の認識や評価はすべて相対的であるとし、真理の絶対的な妥当性を認めない立場。ギリシャソフィストたちが古典的代表者。⇔絶対主義

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

そうたいしゅぎ【相対主義 relativism】

一般的な意味では,唯一絶対の視点や価値観から何ごとかを主張するのではなく,もろもろの視点や価値観の併立・共存を認め,それぞれの視点,価値観に立って複数の主張ができることを容認する立場をいう。複数主義多元主義pluralismに近く,絶対主義absolutism普遍主義universalismに対立する。この対立の深刻な場面は,倫理的価値,宗教的価値に最もよく現れる。多くの場合宗教は唯一絶対の倫理的な価値を主張するからである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

そうたいしゅぎ【相対主義】

〘哲〙 認識論や倫理学において、真理や価値の絶対性を否定して歴史や文化による相対性を主張する説。プロタゴラスの「人間は万物の尺度である」という主張に始まる。 ↔ 絶対主義

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

相対主義
そうたいしゅぎ
relativism

「絶対的な真理はありえない。どのような立場もそれなりに正しい」と主張する立場。この立場の否定である絶対主義に相対主義を適用すると、これも正しいことになるので、相対主義はこのままの形では整合的に維持することはむずかしい。しかし、実際に一つの論点をめぐって多くの立場が争っているときに、そのそれぞれの長所と短所を具体的に指摘し、どれにも絶対的な優位はありえないことを指摘することができる場合は意外に多いし、またそういう場合にその指摘はしばしば有効である。議会制度のように、多数の対立意見に平等な発言権を認めようとする制度は、この有効性の経験のうえにたつものであろう。このような実際的な相対主義は、独断的に一つの立場の絶対的な正しさを前提し、これを他に強制するやり方に比べ、流血の惨を招くことが少ないとして、これを支持する者も多い。[吉田夏彦]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

相対主義の関連情報