コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

アリゲール アリゲール Aliger, Margarita Iosifovna

2件 の用語解説(アリゲールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

アリゲール
アリゲール
Aliger, Margarita Iosifovna

[生]1915.9.24. オデッサ
[没]1992.8.1
ソ連の女性詩人。ユダヤ系の家庭に生まれ,1937年にゴーリキー文学大学を卒業。詩集『生まれた年』 God rozhdeniya (1938) ,『この年の冬』 Zima etogo goda (1938) ,『鉄道』 Zheleznaya doroga (1939) などを相次いで発表して詩壇に登場。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アリゲール
ありげーる
Маргарита Иосифоновна Алигер Margarita Iosifonovna Aliger
(1915―1973)

ソ連の女流詩人。1937年ゴーリキー文学大学卒業。作品は1933年から発表。第一次五か年計画の先進的青年像をうたった処女詩集『生誕の年』(1938)や、詩集『鉄道』(1939)、『石と草』(1940)などのうちで、いわゆる叙情的主人公の内部世界を深く多面的に発掘している。代表的叙事詩『ゾーヤ』(1942)は、対独パルチザンに参加した女学生ゾーヤ・コスモデミンスカヤをうたったもので、1943年度スターリン賞を受けた。ほかに戯曲『真実の物語』(1945)、叙事詩『最初の雷鳴』(1947)、詩集『最初のきざし』(1948)、『レーニン丘』(1953)などがある。[草鹿外吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

アリゲールの関連キーワードオデッサデッサンビデオデッキステレオデッキオデットオデッサ・ファイルオデッセイオデッセイ5太陽系オデッセイオデッサ・テクノス

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

アリゲールの関連情報